名古屋で陥入爪を解消するには? | 名古屋駅前巻き爪センター

2024.03.24ブログ

名古屋で陥入爪を解消するには?

爪に痛みを感じたときに巻き爪だと考える人は多いですが、陥入爪という別の可能性も捨てきれません。巻き爪と区別するには、いくつかのポイントがあります。もし名古屋で陥入爪について相談したいなら、名古屋駅前巻き爪センターへお越しください。

陥入爪は、爪の角が皮膚に食い込むことで腫れている状態のことです。巻き爪はあくまで爪の端が内側に丸まった状態を指すので、痛みを伴わないケースもあります。陥入爪は巻き爪があると起こりやすくなりますが、巻き爪でなくても起こります。

巻き爪と見分けるポイントは、爪の状態と痛み・腫れの有無です。爪は巻き込まれた状態ではないものの皮膚に刺さって腫れや痛みがある場合、陥入爪になっている恐れがあります。誤って爪を短く切りすぎたり、尖らせていたりすると皮膚に食い込みやすくなります。応急処置として、皮膚に爪が食い込むことを防ぐ、刺さっている爪を部分的に取り除くといった対応が必要です。

また、爪が内側に巻き込まれた状態で皮膚に刺さっており、痛みと腫れが起きている状態は巻き爪と陥入爪が生じている可能性があります。変形した爪が皮膚に刺さるため痛みが強く、腫れている状態です。ひどい場合は、赤みや出血が起きるケースもあります。

爪のトラブルは、歩き方や靴など、さまざまな要因が考えられます。特に女性は、先の尖ったパンプスや幅が狭いハイヒールを履く機会が多いため、指へ過剰な圧迫がかかりやすいです。名古屋駅前巻き爪センターでは日々のケアについてのアドバイスからお伝えしており、根本的な改善を目指せます。

私たちの施術は爪を優しく持ち上げる矯正なので痛みはなく、見た目を損なうこともありません。一度で効果を実感される方も多いですし、2024年現在は100%満足保証が付いています。初回の矯正に満足いただけない場合、費用はいただきません。

LINEでの無料相談も24時間受付中なので、まずはお気軽にご連絡ください。