巻き爪の治療とは?矯正の種類と費用をご紹介! | 名古屋駅前巻き爪センター

2024.03.28ブログ

巻き爪の治療とは?矯正の種類と費用をご紹介!

巻き爪の治療は、器具を用いた矯正治療が主流です。内側に巻き込まれた爪を元の状態に戻す治療法で痛みが早期に解消されることもあり、最優先で選ばれています。しかし矯正の種類はいくつかあり、それぞれ特徴や費用が異なるので事情や巻き爪の状態に合わせて選びましょう。

特殊な金属からつくられた矯正具を装着する矯正治療は、爪の先端、あるいは爪の端にかけるタイプなどがあります。爪の先端につける矯正具は装着時間が比較的短いため、爪への負荷が最小限にとどめられます。爪の端にかける矯正具は根元から巻き込まれた巻き爪など、変形がひどい状態でも効果的です。矯正具のタイプによって変動しますが、費用の相場はトータルで約6,000円~15,000円と幅広く、治る期間は目安で3~6ヶ月とされています。自分でつけ外しができる器具もありますが、大抵は約1~2ヶ月に1回通院し、調整や交換を行うケースが多いです。

ワイヤーによる矯正治療は、爪の先端に2つ穴を空け、細い形状記憶合金でつくられたワイヤーを通します。弾力性に優れているため、ワイヤーが元に戻るためにはたらく力を活用して、巻き爪を解消する方法です。費用の目安は5,000円~12,000円ほど、治る期間は3~6ヶ月とされています。1ヶ月に1回の頻度で通院してワイヤーを交換しなくてはいけないため、都度約2,000円~4,000円の費用が必要です。

プレートによる矯正は、従来特殊な樹脂によってつくられた矯正器具を爪の表面に装着しますが、名古屋駅前巻き爪センターで採用している「スマートリフト法」は矯正器具によって爪を優しく持ち上げる方法です。痛みが少なく綺麗に仕上がるのが特徴で、費用は1ヵ所6,600円から、同じ指の2ヵ所の矯正は8,800円から受け付けています。一般的なプレート矯正に比べて11倍の矯正力があるため、一度で効果を実感される方も多いです。

名古屋駅前巻き爪センターは、今まで10,000件以上の施術を行ってきました。まずはLINEの無料相談から、お気軽にご連絡ください。